アイプリンは、目の下のクマをカバーできる美容品なので、多くの女性たちが利用するようになりました。

ところが、利用者たちの間では、美容効果が高いと言う方もいれば、低いという方もいるのです。

そのため、アイプリンは購入するほどの価値があるのか、悩んでいる方もいるでしょう。

そこで、アイプリンの評価を紹介しながら、本当に利用価値が高いのか解説していきましょう。

アイプリンの評価

アイプリンは、カバー力が高い上に、保湿効果もあると言われています。

さらに使用感も優れているような口コミもありますが、それが本当なのか半信半疑の方もいると思うので、利用者たちの評価について紹介します。

カバー力

アイプリンを利用してから、目の下のクマを隠す事ができて満足している方もいれば、クマを隠しきれなくて不満を抱いている方もいました。

そのため、アイプリンを利用したら、確実に目の下のクマを隠せる訳ではないので注意しなければいけません。

クマの色があまり濃くない場合であれば、隠せるかもしれませんが、隠しきれない場合には、ファンデーションまたはコンシーラーをしっかりと併用するようにしましょう。

そうすれば、目の下のクマを隠せる可能性は高まるはずです。

保湿効果

若い頃は、あまり老けているような肌に見えなかったのに、年齢を重ねるに従って、目の下の肌はたるんできます。

肌がたるんでいく原因は様々なものがありますが、そのうちの一つが『肌の乾燥』です。

実際に、肌が乾燥してしまえば、バリア機能が低下してしまうので、肌は乾燥しやすくなります。

肌が乾燥したら、さらにバリア機能が低下して悪循環に陥ってしまいます。

肌がたるんでしまえば、アイプリンを利用しても、解消する事はできません。

しかし、アイプリンには保湿効果があるので、たるみの対策を講じる事はできます。

利用者たちの中にはアイプリンを利用したら、肌が潤っているように感じた方がいたので、目元を保湿したい方には、おすすめの美容品です。

使用感

アイプリンはペンタイプになっている事から、筆先を『トントン』と置くようにして、クマをカバーできて、満足している方がいました。

ファンデーションや乳液などは、指先または手のひらに伸ばす必要がある製品が多いので、手を汚してしまいがちです。

しかし、アイプリンのようにペンタイプであれば、手を汚さなくても目の下のクマをカバーできるので、外出中でも気軽にメイクを直す事ができます。

アイプリンの注意点

アイプリンの保湿効果や使用感に関して言えば、多くの方たちが満足していました。

しかし、カバー力に関しては、賛否両論あったので、いくつか注意すべきポイントがあります。

その注意点を把握しておけば、利用価値の高い美容品である事が分かると思うので詳しく解説しましょう。

使用期間

目の下のクマをカバーできなかった方は、試用期間が1ヶ月程度の方でした。

それに引き換え、目の下のクマをカバーできた方は、3ヶ月ほど利用しているケースでした。

試用期間が長くなれば、目の下のクマをカバーできる可能性は高まるので、長く利用していく必要があります。

そのため、アイプリンを購入した場合に、最初のうちは目の下のクマを隠せなくても、最低でも3ヶ月程度は利用してみる事をおすすめします。

使用頻度

アイプリンで、目の下のクマをカバーしたい場合には、使用期間を長くするだけではなく、毎日利用する事が重要です。

もし、肌が乾燥している日に外部刺激を大きく受けてしまえば、肌のたるみだけではなく、シミにも悩まされてしまいます。

そのため、アイプリンを利用する場合には、毎日使用するようにして下さい。

毎日利用しておけば、美容効果を以前よりも実感できるでしょう。

肌のたるみの対策法

アイプリンは、保湿効果があるとは言え、その効果には限界があるので注意する必要があります。

そのため、肌のたるみの対策を講じる必要があるので、どのような方法があるのか解説しましょう。

エアコンの利用

暑い夏場の季節や、寒い冬場の季節には、多くの方たちがエアコンを利用しているでしょう。

しかし、エアコンの風が肌に直接当たってしまえば、乾燥しやすくなるので注意しなければいけません。

肌の乾燥の対策を講じるためには、エアコンの風向きを上向きにしてみて下さい。

そうすれば、エアコンの風が肌に当たりづらくなるので、ある程度まで乾燥の対策を講じる事が可能です。

ただし、室温を上げすぎたり下げすぎたりした場合でも、肌に悪い影響を与えるので、温度設定にも注意して下さい。

紫外線対策

肌が乾燥する原因は、エアコンだけではなく『紫外線』も大きく関係しているので、UVカット機能のレベルが高い化粧品を利用する事が重要です。

日本国内で販売されている化粧品の中では、UVカット機能の最高レベルは、SPF50+ PA++++になります(2019年6月5日時点の情報)。

もし、肌の乾燥の対策を講じたい場合には、アイプリンを塗った後に、UVカット機能のレベルが高いファンデーションを塗るようにして下さい。

もし、アイプリンを塗った後にファンデーションを重ね塗りしても、目の下のクマを隠せない場合には、最後にアイプリンまたはコンシーラーを重ね塗りして下さい。

エクササイズ

肌がたるんでしまうのは、乾燥だけが原因ではなく、筋力の低下も大きく関係しています。

そのため、目元の表情筋を動かすために、エクササイズをする事をおすすめします。

エクササイズは、様々な方法がありますが、簡単な方法として、まずは目を軽く閉じてみて下さい。

それから、ゆっくりとまぶたを閉じる力を強くして、5秒間はキープしましょう。

5秒後には、眉を上げて目を勢いよく開けて、5秒キープした後に自然な状態に戻しましょう。

このエクササイズを1日5回行っておけば、眼輪筋の筋力をキープしやすくなって、たるみ対策を講じられます。

クマの対策法

目の下のクマは、青クマ・黒クマ・茶クマなどの種類があって、たるみ対策を講じておけば、黒クマ対策も講じられます。

しかし、それだけでは青クマや茶クマの対策を講じられないので、どのような対策を講じたら良いのか解説しましょう。

青クマ

青クマになってしまう原因は『血行不良』なので、目の下を温めたりマッサージしたりする事が重要になります。

目の下を温める方法は、2つほどあって、1つ目はホットタオルを当てる方法です。

ホットタオルを作る方法は、タオルを水に濡らした後にしぼっておきます。

水気をある程度まで切ったら、電子レンジで加熱したら、ホットタオルができます。

ただし、水の量が多かったり、加熱時間が長かったりしたらヤケドする可能性が高くなるので注意して下さい。

2つ目は、バスタブに入浴する際に、目を閉じた後に、バスタブのお湯(40度前後)で濡れた手を目元に当てれば良いのです。

茶クマ

茶クマは、目元に刺激を与えた場合にできてしまうので、あまり目元をこすらないように注意する必要があります。

さらに、メイクや洗顔によって、茶クマになってしまう事もあるので、刺激の強い製品の利用は控えるようにして下さい。

そして、洗顔の回数が多い場合にも、肌に大きなダメージを与えてしまうので、洗顔の回数も抑えるようにしましょう。

まとめ

アイプリンを利用している方たちの中には、高い評価をしている方もいれば、低い評価をしている方もいます。

ただし、悪い評価をしている方は、使用期間が短くなっている場合なので、アイプリンを購入した後は長く利用する事が重要です。

そうすれば、目の下のクマをカバーしやすくなって、目元が若々しく見える事でしょう(個人差があるので注意)。

参考URL・参考文献・根拠など

https://resplend.jp/eyepud

ding/ap/p…

https://www.cosme.net/beau

tist/arti…

https://kutikomi-jouou.com

/eye-pudd…

https://bijin

-career.com/8962

https://www.re-d.jp/ichika

ra/undere…

http://www.myclinic.ne.jp/

imobile/c…

https://beauty.oricon.co.jp/column/…